スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9つの星の元に 第2話『月』―03


「え!? ちょ、ちょっと!?」
「デイズさん!?」

「!? 待て貴様っ!!」

俺は全速力で月の都市を走り抜ける。
とにかく一目散に、その場所から。

俺は街を縦横無人に駆け、狭い路地裏へと逃げ込んだ。

「・・・クッ!?」

俺は両腕を抱えて、ガタガタと震えていた。
怖い・・・どうしようもなく。

「はぁ・・・はぁ・・・い、いきなり逃げるんじゃないわよ」

「危うく見逃す所だったぞ」

「ふぅ・・・でもなんとか追いつきましたね」

俺がひとり震えていると突然、婦警さんたちが現れる。

「あ、あんたら・・・」

「なんでいきなり逃げたの? 説明くらいして欲しいものね」

婦警さんが説明を求めてくる。
だが、俺は答えられない。
俺はただ、俯いて黙っていた。

「黙っていてはなにもわからんな・・・どういうことだ?」

「――そのことは、ゆっくりとこっちが聞かせてもらおうか?」

「!!?」

突然、婦警さんたちの後ろからさっきの二人組みが現れる。

「あなたたちは銀河連邦の者ね、それも宇宙難民課の」

婦警さんが男たちを睨みつけてそう言う。

「そうとも、失礼だがあんたたちの身分を証明してもらおうか?」

「あんまりいい仕事しているとは思えないわね、街中で射殺なんて」
「まぁいいわ。私はテラノ・アスカ、銀河連邦所属交通安全課よ」

「婦警さんか、へへ良い体してるねぇ後で俺たちと付きあわねぇか?」

「生憎公務執行中なんでね」

婦警さんはいやらしい顔に明らかに嫌な顔をして断る。

「さて、そっちの三人は・・・?」

「答える義務はない」

そう言ったのは軍人さんだった。

「なに? テメェ上等だ? 俺たち軍部に逆らおうたぁ死ぬ気かぁ?」

「やってみろ。貴様らただの人間が俺に敵うものか」

「やろぅ!! 打ち殺してやる!!!」

「――まってください」

一触即発の雰囲気の中、突然ほっそりとした女の子の声が聞こえてきた。

「ああん!? 誰だっ!?」

二人の男の更に後ろ。
そこには一人の少女が立っていた。
150センチあるかないか位の低い身長。
オレンジ色の着物に身を包み、セミロングの黒い髪の毛が美しい、14~5歳の少女だった。

「こんなところで無闇な喧嘩は双方の得にならないと思います」
「どうか、ここは私に免じてお下がりくださいませ」

「ああん!? ざけんなよ嬢ちゃん? 俺たちが引き下がるわけねぇだろ!?」

二人は少女相手にメンチを切り、少女を威嚇する。
しかし少女は臆することはなく、逆に宥めるように。

「私のお願いでは聞けませんか?」

ふと、少女の目を見てしまった。
その目は琥珀色に輝き、まるで汚れのない綺麗な瞳。
思わず吸い込まれてしまいそうな・・・。

「・・・!? あ、ああ・・えと・・・その」

突然、男たちの態度が変わる。

「こんな所で喧嘩なんて、私悲しくなってしまいます・・・」

「わ、わかったよ・・・嬢ちゃんに免じてここは引いてやる」

「お、おう・・・し、しかたねぇ」

何故か、男たちはそう言って引き下がってしまった。
さっきまでアレだけ荒れていたのになぜ?

少女は男たちが去ると、ニッコリと笑って俺たちに近づいてくる。

「大丈夫ですか?」

「え? ええ、あなた何者? まるで人が変わったようにあの人たちを退散させちゃったけど・・・」

婦警さんが不思議そうにそう聞くと少女は微笑を浮かべて、ふふっと笑う。
その様はとても可愛らしくて思わずドキっとしてしまう。

「私は『ヴェヌス・オーソン』。すぐ近くの劇場で劇の団員をやっています」

「オーソンさんですか」

「ヴェヌでいいですよ、皆からはそう呼ばれてますし」

少女はそう言って微笑む。
なんという、すごい優しい微笑だった。

「ふふ、よろしかったら劇場に足を運んでください。私すぐそこのツクヨミ会館でやってますので」

「え? あ、ああ」

「ん・・・でも悪いけど、こっちは仕事中だしねぇ」

なんとこんな時に婦警さんは仕事を持ち出してくる。

「婦警さんは、来るの嫌ですか・・・?」

ヴェヌさんはそう言って婦警さんの顔を覗き込む。

「え・・・? あ・・いや・・・その・・・」

「きて・・・くれますよね?」

「え・・・ええ、そうね・・・」

突然、婦警さんが顔色を変える。
それを聞くとヴェヌさんは嬉しそうに。

「それじゃ、私はもう行きますね、是非見に来てくださいね♪」

ヴェヌさんはそう言って嬉しそうにパタパタと会館の方へと走っていった。

「随分な態度の変化だな」

「自分でも不思議・・・なんていうか、あの子の目を見たら断れなかったのよねぇ・・・?」

「目を見たら?」

婦警さんは不思議そうに首を傾げていた。

「まさか・・・」

「どうした、軍人さん?」

「・・・いや、なんでもない」

軍人さんは何か思いついたようだが、首を横に振ってなんでもないと言う。

「それよりどうしてあなたは逃げたの?」

「・・・答える必要があるのかよ」

婦警さんは今更(?)そんなことを突いてくる。
俺はそれには答えない。
答えることが出来ない・・・理由があるからだ。

「・・・もう、何を隠しているのか知らないけど、いつか話してもらうわよ?」

「・・・いつか、な」

俺たちはそう言って、とりあえず狭い路地裏を出て、街中へと戻るのだった。




スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

9つの星の元に 第2話『月』―02



ワイワイガヤガヤ!

「――随分と騒がしいわね?」

宇宙ドッグを出て、街に出ると妙に騒がしかった。
活気づくというよりは、なにやら騒々しい。
それとなく、騒ぎの中心へと向かう俺たち。

「一体なにが・・・ッ!?」

俺は騒ぎの中心を見た時、見なければ良かったと素直に思えた。

「グッ!? は、離せ離せぇっ!!」

ドカァ!!

街の中心で、一人の若い青年が二人の黒い服に身を包んだ男に拘束されていた。
青年が騒ぐと、男の一人が青年の顔面を殴る。
青年は口から血を流していた。

「な、何アレ・・・?」

婦警さんが顔を青くしてそれを見ていたのが横から少し気になったが俺は再び正面を見る。

「うるせえ! テメェには人権なんてものはねぇんだよ! E-10336597!」

「コードネーム? まさか?」

軍人さんが呟く。
俺の首筋に嫌な汗が流れた。

「くっ!? やめろ!! やめてくれ!!」

「テメェら宇宙難民なぞ、生きる価値もねぇゴミクズの癖によぉ!!」

「宇宙難民!?」
「嫌だわ……なんで、この街あんなのが……」
「早く消えてくれないかしら……」

宇宙難民という言葉を聞いて、その周りにいた野次馬の声が、非難変わる。
宇宙難民……この宇宙文明との交流さえある時代にある、人類の汚点。
住むべき母星を持たず、宇宙を漂流する難民。
その者たちは人権は愚か、名前すら与えられず、ただ銀河連邦の監視下形式番号で呼ばれる。

「くっ! 俺たちが何をした!? 宇宙難民が一体なんだというんだ!? うちゅ――!?」

ダァン!!!

「ヒッ!?」
「!!?」

乾いた銃声が鳴り響く。
婦警さんが悲鳴を上げたと同時に俺はその光景から目を背けた。

青年は頭を銃で撃ちぬかれ、絶叫した顔のまま、地面に力なく突っ伏す。
宇宙難民は人権がない、それゆえこんな街中で射殺されても文句さえ言えない。
とはいえ、何も街中で銃殺するなんて・・・。

「けっ! おい死体はどうする?」

「宇宙難民なんてゴミだ。燃えるゴミに捨てちまえ」

「はっはっは! 違いねぇ!」

「――くっ」

俺は恐怖と絶望、そして怒りにさえなまれていた。
だが、俺には感情を露には出来ない。
俺には・・・。

「大丈夫ですか、デイズさん?」

そこへサニーさんが心配そうに声をかけてきた。
俺は極力笑顔で大丈夫だと答える。

「さ、さぁ・・もう行こうぜ?」

ここは、気分が悪い。
俺は一刻も早くこの事件現場から離れたかった。

「そ、そうね・・・行きましょう」

婦警さんも気分が悪いのか、顔を青くしていた。
おおよそ常識がある人間なら、目の前で人が射殺されて正常でいられるわけがない。
だが、宇宙難民は人として扱われない・・・同じ人間なのにこうも簡単に命が消されていく。

「ん・・・? おい、ちょっと待ちなそこのお前ら!」

「? 我々か?」

突然、黒い二人組みに俺たちは呼び止められる。

「!? ッ!!!」

俺はその瞬間一目散に走り出した。


テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

9つの星の元に 第2話『月』―01




「――地球がここ、金星・・・火星・・・月・・・」
「進路は月か・・・」

死より生を選んで、火星軍の船を脱出したデイズたち一行。
脱出ポッドは推進装置も何も無く、宇宙空間を漂うしかない。
そして一行が流される地は・・・地球の衛星『月』だ。



・・・・。



『月面都市 クラデナ』


「・・・宇宙を流されて11時間、なんとか助かったか」

俺たちは火星軍の宇宙船から脱出して半日、とりあえず月へと降り立つこととなった。

「まぁ、月に逆戻りなら結果オーライか」

俺はそう言って納得する。

「何言っているのよ、あなたにはすぐにでもステーションまで来てもらうわよ?」

「それ以前に貴様ら、火星軍の捕虜だがな」

月の宇宙ドッグでそんなことを言い合う俺たち。
捕虜って・・・俺民間人っすけどねぇ?

「しかしまぁ、月はこの太陽系の中で唯一の中立星だ。そう言ったのはナシとしようぜ?」

太陽系連邦に所属する母星として認可されている星は8つある。
それは8つの惑星だ。
つまり水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星だ。
だが衛星の中で唯一月のみが自治権を持つ唯一絶対中立星とされているのだ。
つまりこの月は戦争など政治問題に関与せず、またこの星にいる限り太陽系連邦も立ち入り調査ができないのだ。
しかしまぁ、それだと犯罪者などがこの星に入った際、警察が捕まえられないという問題が発生するため、特例措置として警察などが入り込むこともある。
それでなくても、月の自治政府とて自警団的なものもあるのだから、犯罪者が入るのは容易ではないが。

「それはそうと、あんたとあんた名前は?」

俺は軍人と箱女を指差す。

「マーズ・・・マーズ・オリン上等兵だ」

軍人さんの名前が判明する。
次に箱女の方だが・・・?

「私には名前なんて存在しないのですが・・・」

「名前が存在しない?」

「必要がないですし・・・でも、そうですね・・・サニーとでも呼んで貰いましょうか?」

「名前が必要ないとはいかがな物かと思うがな・・・」

「・・・・」

名前が必要ないか・・・酷い言い草だな。
名前・・・俺には酷く重要であり、そしてそれが俺である所以。
名前が必要ないなんて、おかしい。

「ところであの黒い化け物はなんだったんだ?」

軍人さんの質問、そう言えば結局なんなんだ?

「そうね、あの黒いのって一体何者だったのかしら?」

「アレは星を喰らう者です」

「それは船でも聞いた。星にタマゴを生みつける宇宙怪獣ってでも言いたいのか?」

「違います、星を喰らうという意味はすなわちこの宇宙の民を死滅させるという意味です」

「ええ? でもこのご時世コロニーだってあるし星が食われたら人が死ぬって言うのは違うと思うけど」

「人は星無くしては生きられません、それに星は生きています」
「星には意思があるのです・・・そしてそんな星が喰らわれるのを逃れるために生み出したのが、あなたたちの十手と短銃・・・すなわち『星具』」

「星の意思が生み出した星具・・・?」

二人は自分の物を見る。
星が自分を護るために生み出した星具・・・ねぇ?
にわかには信じがたいんだが、あの黒い化け物を一撃で仕留めたところ、力が無いって訳じゃないみたいだし。
レーザーブレードじゃ倒せないのに、古臭い十手で殴るだけで消滅だもんなぁ・・・。

「・・・よう、でもさぁこの十手は俺が産まれる前・・・江戸時代からある十手だぜ?」
「地球はそんな頃から、今を想定して生んだってのかよ?」

そこで、忘れかけていたが猫又が言う。

「そう言えば、この短銃も西部劇時代の物だ・・・地球産だぞ?」

「それは、それらが星が力を宿したに過ぎません」

「宿したに過ぎないって・・・てことは、星具ってデタラメか?」

「たまたまそのような骨董品に宿ったというだけでしょう」

「ちなみに、星具っていくつあるわけ?」

「全部で9つあります」
「そして星具はこの宇宙で星に選ばれた物だけが扱うことが出来るのです」

「星に選ばれたものって?」

「アスカさんは地球に、マーズさんは火星に選ばれたのです」
「他の方があなたたちの星具を持っても、あの星を喰らう者たちを浄化することはできません」

「なるほど、専用武器ってわけか」

「ということは、この宇宙で奴等に対抗できるのはたったの9人?」

考えてみればそうなるな。
この専用武器と考えると、この広い宇宙で奴等に対抗できるのは星具を持った9人だけってことになるもんな。

「ちなみに、アレって後何体くらいいるの?」

「さぁ? 数はわかりません、恐らく無限かと」

「無限って・・・」

婦警さんがげそっとする。
正直俺もうげっと思ったが。

「やつらからこの宇宙を守るには9つの星具と、それを扱う9人が必要不可欠です」

「でも、たった9人でなんとかできるのか?」

俺は疑問に思う。
この広大な宇宙であんな化け物をたった9人で本当にどうにかできるのだろうか?
まぁ、たしかに星具の力は理解できるがそれにしても、やつらは異常だろう。

「わかりません・・・ですが、対抗するには星具をもってして他ございません」

「とりあえず宇宙港に行きましょう? その話は後でもいいわ」

「・・・そうだな。やつらを相手にするにも、無理に我々でなくてもよかろう」

婦警さんと軍人さんはそう言う。
まぁ、たしかに俺たちだけでどうにかできる問題ではないわな。

「まぁ、とりあえず港に行くか」

俺たちはそう言うわけでドッグからすぐ近くの宇宙港に向かうのだった。




テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

第8話 天上要塞ダイ・ク・ロフト

さて、今回第8話にていよいよ、テイルズオブディスティニー編は終了となります。

それでは、前回のあらすじ


ダイクロフトへと乗り込んだ一行は、ヒューゴと対峙する。
ベルセリオスを持ち、迎え撃ってくるヒューゴとの激闘。

からくも勝利したスタン一行ではあるが、そこで思わぬ敵と遭遇する。
なんとヒューゴはベルセリオスに意識を乗っ取られていたのだ。
そして、その主の名はミクトラン。
ミクトランは圧倒的力でスタン一行を倒す。
しかし、最後の力を振り絞ったヒューゴの抵抗により、スタン一行は命からがらダイクロフトから脱出するのだった。

しかし、脱出してもつかの間最後のベルクラントが発射され、ついに地上は外郭に覆われてしまった。
しかし、彼らに最後の命令が下される。
ソーディアン研究所での、ソーディアンの強化。

彼らはソーディアンを、そして自分を鍛えなおしたのだ。







ダリルシェイドに戻ると、そこには集積レンズ砲があった。
発射の前の日、それぞれは思い思いのまま、ダリルシェイドで一夜を過ごす。
そして、スタンも……この最後かも知れない日に、ルーティを探すのだった。

この戦いが終わったら、一緒に旅をしよう。

スタンのプロポーズにルーティはただ、口を濁すだけ。
返答はこの戦いが終わったらと残して。


そして、次の日の朝、集積レンズ砲は発射される。
その場所は………ラディスロウ。

そう、発射場所はラディスロウに向かってなのだ。
なぜならば、外殻を破壊するにも、特殊なバリアーの性で現状のレンズ砲の火力では突破ができない。
そのため、バリアーのかかってないラディスロウを打ち抜くしかないのだ。

しかし、それはリトラーの完全なる消滅を意味していた。
悲しみに明け暮れる一行、しかしそこにリトラーの最後の激励が聞こえてきた。

この戦いを終わらせるため………集積レンズ砲は発射される。



ラディスロウを破壊して、空いた穴からスタン一行はダイクロフトへと乗り込む。
今度こそ………ミクトランを倒すために……!





長いダンジョン……苦しい戦い。
果てしない死闘を繰り広げて、スタン一行は神の目、そしてミクトランたちの前に立ちふさがる。

最後の死闘が………幕を開けた。


ミクトランの激しい攻撃、しかしそれをかいくぐり、スタン一行はミクトランを倒す。
だが、ミクトランはまだ諦めない。
かくなる上はと、神の目の力を吸収し、更なるパワーアップを果たすのだった。

圧倒的な強さ、絶望的な戦い。
しかし、スタン一行は最後の力を振り絞り、ミクトランと戦う。

ミクトランの最後の激しい猛攻を切り抜け、スタンの一撃がミクトランを討ち果たす。


ついに………ついにミクトランを倒すことに成功した。


しかし、喜ぶのも束の間、なんと今度は外殻大地が地上へと落ち始めていた。
このままではまずい……そう考えた矢先、ディムロスが言葉を発する。

それは、ソーディアン4本を神の目に突き刺し、そのごソーディアンと神の目の共鳴振動にて神の目ごと外殻大地を吹き飛ばすというものだった。

最後の最後で別れを言う、ディムロス。
だが、スタンはそれを認めない。
そんな、スタンに一喝するディムロス。

我は長く生きすぎた。

もうこれしかない、そしてソーディアンたちはマスターたちに後の未来を託す。

短い間だったが、私に我が王家に仕えてくれてありがとう。イクティノス

ファンダリア王国に栄光あれ。
ウッドロゥ王に幸あれ。

イクティノスが神の目に突き刺さる。

あなたに教えてもらったこと一生忘れませんわ。クレメンテ。

強くなったのう、フィリアよ。

続いてクレメンテも。

考えてみれば、随分長い付き合いだったわね。アトワイト。

まるで妹が出来たみたいで楽しかったわ、ルーティ。

そしてアトワイトも。


そして最後、ディムロス。


ディムロスとスタン。
ふとした偶然から出会った二人。
しかし、考えてみれば、これは………『運命』だったのだと言う。

スタンの手で、ディムロスが神の目に刺された。


ダイクロフトから溢れる光……。
外殻大地に亀裂が入り、外殻が消滅していく。


スタン 「僕たちにはまだ帰るべきところあるんだ、こんなに嬉しいことはない」
スタン 「わかってくれるよね、リオン。僕にはまだ帰るべき場所があるんだ」






……そして一年後。
彼らはスタンの家に集まった。

ウッドロゥ……チェルシー……ジョニーにマリー、そしてコングマン、フィリア。
だけど、ルーティの姿がない。

そんな時、ひょいと屋根の上に現れるルーティ。

その後なんなわけ?

そんなことを言ってスタンを踏み台にして屋根から飛び降りるルーティ。
ルーティは言う。
一年前の返事をしにきたと。

ルーティは高らかに宣言した。

私ルーティ・カトレットとスタン・エルロンはこれから一緒に旅に出ます!

スタンのプロポーズに答えたルーティ。

スタンはただただ驚き、そして周りはそれを祝福する。

スタン……そしてその一行の神の目にまつわる旅はひとまず終了したのだ。



プレイ時間:53:47
総プレイ時間:53:47

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

オニキンメたん
くろック ALL STARS
プロフィール

KaZuKiNa

Author:KaZuKiNa
KaZuKiNaといいます。
小説書いたり、ゲームプレイしたり。
あ、熱帯魚とかも飼ってます。
色々、自由気ままにやってます。

最新記事
最新コメント
これまでのお客様数
カテゴリ
人気投票
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも一覧
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。