スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンノベル紹介記事第五回

最近暖かくなったり寒くなったり、大変ですねぇ。
水というものは熱しにくく冷めにくいので寒暖の差が少ないのですね……それにしてもはぁ、体に悪い。
そう言えば、ポップンミュージックも新作出たねぇ、戦国とのことだが、今回カプコンの曲多くないか?
さて、今回の雑談はここまで。


*************************



さぁ、今回で第五回。
今回紹介するのは

贖罪の手記‐大量殺人鬼の末路‐


注意! この作品は残虐な表現が含まれております!
また筆者はこの作品は16歳以上を推奨と判断します!



著者は白金 青藍氏
本作は人間が存在せず、ポケモンのみで構成された世界観で物語りは進みます。
なんだが、最近この手の作品ばっかり手がけている気が……皆人間書くのが嫌いなのか?
舞台などは完全にオリジナルで、最大の特徴は残虐表現を用いているということでしょう。
それゆえに、他の方々の作品とは一線をきす緊迫感があり、ダイレクトに死というものの恐怖がわかります。

そういった意味では前回紹介した逃 走 者とは、違うベクトルの恐怖です。(前回紹介した逃 走 者は見えない恐怖でしたが、こちらは明確に見える恐怖です)


*************************


作品の内容はのっけからハードですが、皆さん頑張ってついてきてください。

本作は人間という生命体がおらず、ポケモンだけで生活し、そしてそのポケモン達が独自の生活を築く世界。
そしてそれゆえに珍しく強い力を持つポケモンは神として崇められた。
そしてそのポケモンの右腕となって補佐する存在は『百獣の王』と昔のポケモンたちは呼んだ。

時は流れ、その神の存在もポケモンたちから忘れられた頃、神々の王は信仰を忘れたポケモンたちに憤慨しました。神々の王はポケモンたちが生命を繋ぐのに必要な宝を回収するために、ポケモンたちを虐殺していきました。

しかし、虐殺され悲しむポケモンたちはそれでも、宝を奪われても懸命に生き、そして神なくして世界を繁栄させました。
神々の王はそれをみて、あるいは羨ましそうに見ていたそうです……ですが、それは再び繰り返されるのでしょうか?

時はさらに経ち、もう神なんて神話学とか、昔の文献とかで少し出てくるくらい忘れられた頃。
二匹のポケモンが居た。
ウインディのガルとキュウコンのアンゼリカ。
二匹は高台の草原で風を受けていた。
自分達が住む村からは数時間離れた遠い場所。

帰りの時刻も考え、二匹は村へと戻る。
だが、その途中……草タイプのポケモンたちの村から小火騒ぎ起きていることに気づいた二匹は村へと急行した。
そこで見たのは……血で紅く染まる地面、胴と頭が完全に離され無残な物体となった死体の山。
燃え盛り、腐臭をたなびかせる村の残骸……そしてそこには、そんな惨劇を生んだ一匹のポケモンがいた。

アルセウス……かつて、ポケモンたちが神々の王として崇めた存在だった。
アルセウスと戦うガル……だがその戦いの果ては?


*************************



この作品はいわゆる黒い作品で、残虐表現などは私の作品説明からもわかると思いますが、この作品本来は陵辱表現なども含まれる予定があったようなので(実際のところはそんな小説掲載できるわけも無く入れなかったようですが)かなり少年少女には見せられない内容になっています。
ちなみに作中で出る限りでは惨殺、奴隷など痛い表現から淫猥な表現まで結構ある……この先更に増える可能性は大。
正直作品自体はクオリティも高く、面白いですが絶対全年齢ではないのは確信できます。
なので、小学生は絶対、中学生でもなるべく読まないことをオススメします。
て……それってポケモンが売り出している消費者ニーズ完全に否定してないか?


*************************


主な登場人物は

 ガル:ウインディ種、正確な名前はガルドーラ・ヴォレスト。優しい青年で、子供ながらアルセウスに手傷を負わせるほどの実力と才能を持つ、とある理由でタイトルの指すとおりの人物になるが?(設定が痛いが期待の中二等とは言わないように)

 アンゼリカ:キュウコン種。正確な名前はアンゼリカ・ノア。悪戯好き+ドジッ娘、優しい性格のようで、まだ子供ながら絶世の美女として成長を期待されているそうな。(正しいのはいつもア・タ・シ♪今は悪魔が微笑む時代なんだ!


*************************



最終更新は2010年1月22日。
現在は序章から第一章Part1まで公開されており、連載中の作品になります。

作品評価

ストーリー :☆☆☆☆
キャラクター:☆☆☆☆
状況描写  :☆☆☆
独創性   :☆☆☆
読みやすさ :☆☆☆

過去5作品を紹介しましたが今回は、最高評価ですね。
ですが、何度も言いますが、全ての読者にオススメできるわけではございません。
☆3つの部分は若干のミスや、ちょっとした表現のおかしさから3つとさせていただきました。
間違いなく名作ですが、ただし作品の内容上読むのは自己責任でお願いします。
また、批判や誹謗中傷は絶対に止めましょう。
皆さんもネットマナーをちゃんと守って読みましょう。

この作品が読みたかったら↓へ!(直リンです)
贖罪の手記‐大量殺人鬼の末路‐


*************************



続いて更新作品の紹介です。

逃 走 者

一夜が過ぎ、逃走者ゲームで犠牲になったポケモンは百名近くに上っていた。
そんな中ゲームの運営から一通のメールがやってくる。
新たなるゲーム、被害を増やす残酷なゲーム。
運営の狙いはなんなのか?
一体何がしたいのか?

逃 走 者 (第四章) この地を離れ・・・・・・ 公開!

テーマ : 二次創作:小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

オニキンメたん
くろック ALL STARS
プロフィール

KaZuKiNa

Author:KaZuKiNa
KaZuKiNaといいます。
小説書いたり、ゲームプレイしたり。
あ、熱帯魚とかも飼ってます。
色々、自由気ままにやってます。

最新記事
最新コメント
これまでのお客様数
カテゴリ
人気投票
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも一覧
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。