スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KaZuKiNaのテイルズオブシリーズ攻略一年戦争 第1話 ディムロス大地に立つ

というわけで、テイルズシリーズ攻略第1作目はテイルズオブディスティニーDC版です。

とりあえず、ルールを確認。

・攻略サイト及び攻略本を使用しない。

・難易度は共通でノーマルとする。

・改造コードを使用しない。

・攻略に詰まった時はこのブログの来客のコメントを頼りに進める。

・経過プレイ時間を必ず記入すること。


さて、では内容の方に移りたいと思います。

実のところディステニィーは過去にPS1版をやったことがあります。
その時はクリアはしておらず、実に久しぶりのテイルズオブディステニィーですね。
とりあえず、このディレクターズカット版にはスタン編とリオン編があるのですが、スタン編でスタート。

まずは飛行竜から舞台は始まります。
ディムロスを輸送する飛行竜、その中にはセインガルドで兵士になることを夢見る青年、スタンの姿が。

スタンはセインガルドに渡るために金もなく、フィッツガルドにやってきた飛行竜になんと密航したのだ。
しかし、飛行竜への密航がばれ、あやうくやられる所………そこへなんとモンスターの大部隊が襲ってくる。
突然、戦いに巻き込まれる飛行竜、スタンは武器を探すため、飛行竜の中を捜索する。

そして、とある一室でスタンは一刀の不思議な剣を見つけたのだ。

喋る剣・・・そうソーディアン。

スタン 「こいつ・・・動くぞ?」(注:タイトルからわかるように時たまテイルズが関係ないネタが飛び出します、ギャグと思って笑っておいてください)

謎の剣を手に、モンスターと戦うスタン、しかし飛行竜にいた人間たちも全滅し、スタンは飛行竜から脱出することに。
しかし、その先には湖が、溺れ、意識が薄れるスタン。
そして、剣の声が聞こえる。


『ディムロス』

その剣の名前だ。
スタンがディムロスの名を叫ぶと、剣から放たれる熱で、湖は蒸発しスタンは一命を取り留める。


…………ここから話は中略されます。

本当はウッドロゥを仲間にしたり、なんだったりあるんですが、メンドイので省略です。


さて、神殿の罠にはまったルーティを助けたスタン。
スタンはルーティとマリーを加え、セインガルドの首都、ダリルシェイドに向かうことに。
しかし、その途中の村でとある男と戦うことに。

その名はリオン……シャルティエのソーディアン使いの青年だ。

リオン 「見せてもらおうか! フィッツガルドのソーディアンの性能とやらを!」
スタン 「相手がソーディアンなら人間じゃないんだ! 俺にだって!」(注:ソーディアンマスターは人間です)

さて、結果は無残も無残。
一太刀浴びせる前にやられました。
てか、リオン強っ!?

さて、そのままダリルシェイドの牢屋に放りこまれたスタンたち。
スタンたちはリオンにつれられ、王の前に。
そこで、神殿で異変が起きたことが知らされる。
リオンに引き連れられ、神の目があるとされる神殿へと向かうスタンたち。

神殿には人の気配はしない、………こっからまたちょっと中略。

神殿の奥へ行くと、神の目の姿は無い。
そして、石化した女性の姿が。
神殿の司祭、フィリアだ。
フィリアの口から、ことの真相が告げられる。
神殿の教主グレバムがなんと神の目を盗みだしたのだ。

慌ててグレバムを追う一向。

こっからまた中略します。

さて、フィリアもクレメンテのソーディアンを手に入れ、一向はスタンの故郷フィッツガルドへ。
さて、ここではマイティ・コングマンと決闘したり、海賊船に乗り込んだりしましたが、やっぱり中略です。

フィッツガルドの次はアクアヴェイルという連合公国だ。
モリュウ領を解放し、次に向かうのはトウケイ領。
そこで、グレバムを捕まえることはできるのか?

第1回はここまです。

プレイ時間:11:36
総プレイ時間:11:36

テーマ : ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

オニキンメたん
くろック ALL STARS
プロフィール

KaZuKiNa

Author:KaZuKiNa
KaZuKiNaといいます。
小説書いたり、ゲームプレイしたり。
あ、熱帯魚とかも飼ってます。
色々、自由気ままにやってます。

最新記事
最新コメント
これまでのお客様数
カテゴリ
人気投票
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも一覧
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。