スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話 敵の転送施設を叩け!

KaZUKiNaのテイルズオブシリーズ攻略一年戦争第3話です。

前回のあらすじ

アクアヴェイルを解放したスタン一行はファンダリアへとはいり、ついにグレバムを倒し神の目を取り返すことに成功する。
しかし三ヵ月後、神の目は再び奪われることとなった。





オベロン社の秘密工場をくまなく捜索するスタン一行。
スタン一行はオベロン社の奥で洞窟を発見する。
神の目はこの先にあるのか……?
スタン一行は洞窟へと歩むと、その先にはリオンとその父ヒューゴの姿があった。

ヒューゴたちに加担する理由を問うスタンに、何も答えてくれないリオン。
止む無く剣を交えることとなるふたり。

戦いの後、破れたリオンから語られたのは、マリアンというリオンにとって最愛の人が人質にとられたと言うことだった。

一緒に取り戻そう、友達だろ?

スタンはリオンに歩み寄る。

この僕を、まだ友達だと言ってくれるのか?

ふたりの仲が再び戻ろうとしたその時、突然の地響きが。
なんと、洞窟が崩れ落ちようとしていた。
帰り道も塞がれ、逃げ場を失ったかと思った一行。
しかし、リオンに案内されて、一向は非常用のエレベーターへとたどり着く。
エレベーターへと乗り込む、一行を尻目に一人、乗り込まないリオン。

どうしたんだ、リオン!? 早く来い!

スタンの呼び声に答えるリオン。

この非常用エレベーターは誰かが外で操作しないといけない。

そんな友達だろ!? こいリオン!

僕はお前のようなずうずうしくて、能天気で、お人よしが大嫌いだ。
だから行け、僕の分まで。

リオンは自分を犠牲にしてスタンたちを脱出させる。
そして最後にリオンは語る。
ルーティの母の名を、そして自分がルーティと姉弟だということを。

崩れゆく洞窟、地上へと登るエレベーター。

じきにここも海に沈むな。
つき合わせてすまないな、シャル。

いいんですよ、坊ちゃん。僕はいつまでも坊ちゃんと一緒です。

崩壊していく最中仰向けになり笑うリオン。
洞窟は……勢いを増しリオンを飲み込み、海へと沈んだ。


地上へと脱出したスタン一行だが、リオンを助けようと暴れるスタン、そしてリオンの言葉を未だに信じられないルーティ。
一向はその場にあった飛行竜に乗り込みなんとかオベロン社秘密工場から脱出する。

しかし、その時海から巨大な何かが現れることとなる。

ダイクロフト。
天地戦争を起こしたキッカケの兵器だ。

ダイクロフトから突き出る巨大な剣から一筋の光が地面に放たれると地は崩壊し、その撒き上がった地は天に大地を作る。

ダイクロフトの兵器『ベルクラント』。
地上を破砕し、その砂を空中に巻き上げ、それを使い空中に都市を作る兵器だ。

リオンの敵討ちに我を忘れ、激情に身を任せダイクロフトへと飛行竜を突撃させるスタン。
しかし、飛行竜はダイクロフト寸前まで到達するも、突然力なく地表へと落下する。

飛行竜の限界高度を超えてしまったためだ。
落下場所はダリルシェイドの近くであり、ダリルシェイドへと向かう一行。

ダリルシェイドでダイクロフトから声が聞こえる。
ヒューゴの声だ。

ヒューゴ 「我がベルクラントの一撃により、地上人の部隊の半数が塵へと消えた」
ヒューゴ 「これら脆弱なる集団にいかほどの戦力が残されていようともそれはすでに形骸である」
ヒューゴ 「あえて言おう……カスであると! それら脆弱な集団にこのダイクロフトは攻略できないと断言する!」(注:もうおなじみだけど、こんなセリフないよ)

ダイクロフトへの対抗手段を失った一行しかし、まだ希望は消えていない。

ソーディアンチームの諸君、至急ラディスロウへと来るのだ!

その声は天地戦争にて地上軍の総司令を勤めたリトラーの声だった。
浮上したラディスロウへと海竜を使い向かう一行。

ラディスロウの中で、一向はリトラーよりダイクロフト攻略の概要を聞く。
まずはラディスロウをダイクロフトに接近させるため、Rキーを取りに、リーネ村のすぐ近くの神殿へと行くのだった。
神殿は厳重にプロテクトがしかれており、それを突破するにはソーディアンを用いるしかない。
Rキーを手に入れた一行は神殿の外に出る。

しかし、その時ダイクロフトから再び二発目のベルクラントが放たれるのだった。
おおよそ4発放てば地表を全て天上の外郭が覆い、そうなれば地上は闇に飲み込まれあらゆる物が死滅すると言う。

急いで戻るスタン一行。
ラディスロウはすぐさまRキーを取り付けに入るが、取り付け完了には少々の時間がかかる。
その時間の間、一人になるルーティ、そしてそのルーティを探すスタン。
ルーティとスタンは二人きりになり、ルーティは徐々にその弱さを見せる。
そしてそれを優しく見守るスタン。

やがてRキーの取り付けは終わり、ラディスロウはダイクロフトへと向け発進する。
しかし、ダイクロフトの周りを飛ぶ、守護竜により、接舷を阻止され、天上界の地表へと落下するラディスロウ。

またもやなす術をなくしたかに思えた一行。
しかし、リトラーにより新たなる作戦が上げられる。

それは空中都市郡を攻略し、ダイクロフトを攻略する作戦だった。

まずは空中都市郡を繋ぐ、転送ターミナルを持つイグナシーの攻略だ。
天上界の外殻の上を歩き、イグナシーを攻略した一行はこれで移動における主導権を得た。
つづいて、一向はイグナシーの転送装置からアンスズーンに行き、そこから外殻を歩いて守護竜を操作するクラディスの攻略を行う。

そしてクラウディスの奥にはオベロン社の幹部バロックがいた。
異形化するバロック、その力に苦戦しつつも、倒すスタン一行。
なんとかクラウディスを制圧するスタン一行。
これで守護竜はその機能を停止した。

次の目的はイクティノスを治すため、ヘルレイオスの攻略だ。
再び、イグナシーを経由し、今度はロディオンへと入る一行。
ここでは一体何が待つのか……?

プレイ時間:30:32
総プレイ時間30:32

コメントの投稿

非公開コメント

オニキンメたん
くろック ALL STARS
プロフィール

KaZuKiNa

Author:KaZuKiNa
KaZuKiNaといいます。
小説書いたり、ゲームプレイしたり。
あ、熱帯魚とかも飼ってます。
色々、自由気ままにやってます。

最新記事
最新コメント
これまでのお客様数
カテゴリ
人気投票
月別アーカイブ
最新トラックバック
ブロとも一覧
FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。